トップ > インフォメーション >2014ルール

※ご注意過去の大会のルールです。
(参考)2014ルール (TARC2014)

最新のルールは決定され次第掲載いたします。(昨年は7月に発表となりました)


(1)ロケット諸元

(2)ペイロード

(3)滞空時間

(4)高度測定

(5)順位

詳細については以下のドキュメントに従いますので、TARC2014(原文)を熟読してください。
上記日本語とTARC2014(原文)に矛盾が生じた場合は原文を優先します。
原文でNARはJARに読み替えます。
TARC2014に記載のない項目については、TARC2013に従う。

pdfファイルEvent Rules - TARC 2014.pdf

TARC2013_rules.pdf(参考)

エンジンについて

ロケット甲子園2013では使用できるエンジンを以下から選択してください。

※S/Uとはシングルユースエンジンの略号です。

参加学校は、「ロケット甲子園参加」として野村特殊工 業社へ注文されると優先的に購入可能となります。
県知事への火薬類申 請は、協会がまとめて申請します。 
ロケット甲子園の大会当日に使用するエンジンについては、日本モデルロケット協会が、参加チームからの事前申請により、まとめて県知事へ申請し、許可されたエンジンは大会当日に現地で協会から各チームへ手渡します。


※すべての参加者は日本モデルロケット協会の有効な第4級以上のライセンス所持者で、エンジンを扱う者(イグナイターをエンジンにセットしロケットに装着する。射点でイグナイターにイグナイタークリップを接続し発射ボタンを押すなど、エンジンの準備・点火にかかわる作業をする者)は第3級以上のライセンスを所持していなければならない。(D型以上のエンジン使用のため)

高度計について

ロケット甲子園で使用するTARC指定高度計も野村特殊工業社が輸入済みです。